花嫁に人気列席者に人気海外挙式 | 教会で挙式

海外挙式の場合の結婚披露宴

海外挙式をする点でメリットになる事として挙げられることはまず、形式に捉われずに結婚式をあげられることがあります。

他にも、以前では二人だけの挙式があげられていましたが現在はお世話になった家族を海外旅行に連れて行きたいという声も挙げられ、
自分たちのハネムーンも兼ねることができるのでメリットは多くありますので、人気がありますので6月・10月はとても人気が集中しているそうです。
日本でも海外でもいえることですが、結婚披露宴の会場を決める際にこちらのサイトなどを参考にすると良いでしょう。

しかし、気を付けなければいけないことは渡航費用をどうするかになってきます。
某結婚雑誌のアンケートによると負担をしなかったというカップルが6割、全額負担が1割、その他は3割となっておりそのカップルによって考え方は違うようです。

負担を新郎新婦がしないのであれば、ご祝儀を貰わないことが礼儀となりますのでそのような形式でも良いかをしっかりと事前に招待したい方に確認をとっておくことが大切になってきます。
また、挙式だけは海外で行い戻ってきてからパーティー形式で披露宴を行う方が多いです。

その場合は会費制にすることで、海外の方に呼んだ招待客の負担も抑えることができますから、自分たちがどのような方法で結婚式を行いたいかを事前にしっかり考えましょう。

また、海外挙式にハネムーンも兼ねることによって招待する方も少人数ですし国内で大勢を招待するよりも簡単に挙式を行うので、案外海外挙式の方が費用を抑えることができるのです。
このことも海外挙式を選ばれるカップルが多い一つの理由となっています。

しかし、場合によってはご祝儀をいただかないケースが多いため、国内の場合はご祝儀でまかなえる部分が多い所を自分たちで負担する費用が多いことを忘れないでください。
親戚や家族を呼んだ場合でも国内に戻ってからやはり、お礼をしなくてはいけませんのでご祝儀を頂いた場合でも全てが懐に入るということは難しいと考えておいてください。

それでもやはり、自由な形式で自分たちの結婚式をあげられることと費用はかえられないものとなるでしょう。