花嫁に人気列席者に人気海外挙式 | 教会で挙式

結婚披露宴は必要?

結婚披露宴というのは両家である側がもてなす側であり、招待された方はもてなされる側になるのです。

ですから、本来は一番に考えなければいけないことは列席者が喜ぶかどうかなのですが、最近では自分たちがどう楽しめるか・どう思い出に残すことができるかが
重要視されてきており、結婚式を挙げないという方も少なくもいます。

本来、結婚披露宴を行う意味は親戚や友人・知人などに紹介をするということが目的でありました。
今の考えでは、必要か不必要かと言われるとどちらでもないと思われているのが事実です。
お金が勿体ないという考えの方や、人前に出ることは恥ずかしいという方は披露宴を行わずに、個別に親戚・友人・知人などに挨拶をしています。
ここで考えてほしいことが、もし結婚披露宴を行わずに結婚をしても後々後悔をしないかどうかなのです。
先に籍を入れてしまって何年かしてから結婚披露宴を行うという方もいます。

先に子どもができてしまい、子どもが大きくなってからやはり結婚披露宴を挙げたいという気持ちが強くなり、挙げる方も多くいます。
このようなことを踏まえ、今現在結婚披露宴を行うか悩んでいる方も一度ゆっくりとパートナーと話し合うことが大切になってきます。

現在では儀式でもなくなってきてしまい、皆がやっているから嫌ではあるが必ずしなくてはいけない・しなくても籍を入れるから大丈夫。
と思っている方も話し合うことで将来自分たちが行わなかったことに後悔をしないのか、これがとても大事になってくるのではないでしょうか。

また、親御さんは子どもたちの花嫁姿、花嫁をエスコートしている息子を見たいと思っているはずではありませんか。
自分の子どもが成長をし、結婚をする時になったらどう思うのでしょうか。

自分が挙げてほしいと思うことは親御さんも必ずといっていいほど行ってほしいと思っているはずですが、人によっては口に出さない方もいるでしょうから本音は聞けないと思います。
それぞれの本当の気持ちを理解することによって結婚披露宴の大切さが分かることでしょう。